「税務調査」と聞くと、何も悪いことをしていなくても誰もが不安な気持ちになるものです。
なぜなら、税務調査が入ると、

looks_one 時間的に何日か拘束され、業務が滞る可能性がある

looks_two 追徴課税がかかる可能性がある

looks_3 万一追徴課税がかかる場合、資金を準備しなければならない

などの問題が発生する可能性があるからです。
しかしながら、利益が出ていれば出ている会社ほど数年に1度の割合で税務調査が入りますので、税務調査も考慮に入れた顧問税理士選びが必要となります。

税務調査は「税理士選び」が肝心です

ではなぜ?税務調査では「顧問税理士選び」が大切なのでしょうか? その理由は・・・

looks_one 税務調査は「交渉ごと」であるため、通常の税理士業務とは異なる能力が求められる

looks_two 税務調査で是認されることが、会社にとって必ずしも良いとは言えない

looks_3 全ての税理士が「顧問先の立場に立って意見を言う」とは限らない

です。
簡単に説明いたしますと、

まず、「 1.税務調査は「交渉ごと」であるため、通常の税理士業務とは異なる能力が求められる」は、税務調査は「税務調査官との税法の解釈について、お互いの立場で議論をすること」ですので、税の知識はなければいけませんが、知識があるからと言って、調査官に自らの主義主張を通すことが出来るかどうかは別の能力だからです。

次の、「 2.税務調査で是認されることが、会社にとって必ずしも良いとは言えない」ですが、税務調査が終わって何もない(追徴課税がない)ことは、経営者にとっては大変良いように映ります。恐らく、このページをお読みの皆様もそう思われることでしょう。

「しかしながら、一切の節税策を実施せず、税金を多めに払い、税務署から何も言われないような決算申告をすれば、「追徴がないように申告する」ことは可能です。
ですので、「税務調査で是認されること=税務調査に強い事務所」とは判断できない面もありますので注意が必要です。

最後の、「 3.全ての税理士が『顧問先の立場に立って意見を言う』とは限らないですが、税理士という仕事は様々な面で税務署とは切っても切れない面があります。ですので、税理士によっては「税務署との良好な関係」を重視するあまり、税務署と対立するようなことはしない人もいる訳です。
そういう意味では、今の税理士が「本当の意味で顧問先の味方かどうか」は見極める必要があると言えるでしょう。

フォーカス会計事務所の税務調査の特徴

  • 特徴 1.税務調査時には、必ず税理士が対応いたします。

    税務調査時の顧問税理士に対する不満で「税務調査に税理士が来なかった」という声をよく耳にしますが、フォーカス会計事務所では、税務調査には必ず税理士が対応いたします。
    税務調査時ほど、事務所の専門性が試される時はありません。私どもは税理士の誇りを持ってお客様を守ります。

  • 特徴 2.税務署との対応は私たちが対応いたします。

    税務調査は長いと数日かかることがありますが、その間、社長様が全て同席&対応されていたのでは、日常業務に支障があります。
    フォーカス会計事務所は、必要な時には社長様にお声がけし、同席いただくこともありますが、基本的にはすべて担当者が税務署とのやり取りは行いますので、安心してお任せ下さい。

  • 特徴 3.あくまでもお客様の立場で交渉いたします。

    税理士の中には、「税務調査=税務署との闘い」を連想される方も多いようですが、私どもは見解と見解の相違点について鋭く指摘させていただきますが、むやみに争ったり、感情的にぶつかり合ったりすることはありません。あくまでもお客様の立場に立って、税務調査後に安心して経営できることも重視しつつ、しっかりと税務署と交渉いたします。

税務調査時の対応

Scroll to top