金融機関の選定・融資交渉・事業計画の作成等、金融機関対策ならお任せ下さい。

こんなお悩みはありませんか?

fiber_manual_record 融資を受けたいが、どこからいくら借りられるのか?何と言って借りれば良いかわからない

fiber_manual_record 金融機関が提示した利率が高いような気がするが、相場観がないので交渉できない

fiber_manual_record 金融機関を説得できる事業計画書・資金繰り表の作成ができない

fiber_manual_record 金融機関との接し方がわからない

事業を拡大・発展させて行こうとした場合、金融機関と上手に付き合うことは経営者に求められる大切な能力の一つです。なぜならば、創業・開業時は勿論のこと、設備投資や多店舗展開、運転資金の調達など、経営するためには様々なタイミングで資金需要が発生するからです。しかしながら、多くの経営者は金融機関とのやり取りが苦手です。

なぜならば・・・

looks_one 金融機関にどこまで正直に答えて良いものかがわからない。

looks_two 金融機関に言いたいことはたくさんあるが、その後に影響がありそうで言うに言えない。

looks_3 金融機関と交渉しようにも、金融に関する知識や情報がないのでできない。

などの理由があるためです。

  • ご安心下さい。フォーカス会計事務所は中小企業庁認定の経営革新等支援機関ですので、日本政策金融公庫は勿論、信用金庫、地方銀行、メガバンクまで、経営者の皆様に代わって金融機関との各種対応をお手伝いいたします。

金融機関と上手に付き合うポイント

  • 昔から「金融機関は雨の日には傘を貸さず、晴れの日に貸す」と揶揄されますが、金融機関の立場になれば、支払い能力のない企業、資金管理の出来ていない企業にお金を貸したくないと思うのは当然のことと思います。
    では、金融機関と良好な関係を築きながら、いざとなったらすぐ融資を受けられる状態にしておくにはどんなことを心掛ければ良いのでしょうか?そのためには3つのポイントがあります。

looks_one 日頃から金融機関に情報を開示し、信頼関係を築いておく

looks_two 常に決算内容(主にB/S)を意識し、金融機関の評価を下げないようにする

looks_3 試算表・資金繰り表・受注一覧はいつでも出せるよう、内部管理を徹底する

これらは、お金を借りようと思ったからといってすぐできることではなく、常日頃からしっかりとした財務体質づくりや資金管理を行うことで実現するものです。
フォーカス会計事務所は、顧問契約を通じて「金融機関に評価される財務体質づくり・決算書の作成」をお手伝いさせていただきます。

フォーカス会計事務所の融資サポートとは?

フォーカス会計事務所では、融資が必要なお客様には以下のような手順で、融資の実行サポートを行っております。(顧問契約の方のみ)

  • まずは現在の状況を確認させていただくと同時に、いつまでにいくら必要なのか?を確認いたします。その上で、財務諸表等を拝見した上で必要な対策を検討いたします。

  • 対策がまとまりましたら、今お取引のある金融機関の担当者様と交渉をいたします。金額の交渉は勿論ですが、返済期間や方法なども相談いたします。

  • 金融機関から事業計画書等の作成を求められた場合には、融資担当者が行内で話を通しやすいかどうかも考慮しながら事業計画書等を作成いたします。
    事業計画書が必要でない場合は、融資申請書の他、提出書類の作成もサポートいたします。

Scroll to top