「働き方改革関連法案」の順次施行に伴い、有給休暇の取得義務化、同一労働同一賃金の導入、時間外労働の上限規制の導入が進んでいます。特に2020年4月1日以降は中小企業でも「時間外労働の上限規制」を遵守しない場合の罰則規定が適用されることとなり、益々の労働時間短縮の対応が求められるようになります。
そこで、今まで行ってきた会計入力・経理業務をIT化やクラウド会計に置き換えることで経理の合理化に取り組んでみてはいかがでしょうか?
IT化及びクラウド会計にいち早く取り組んでいるフォーカス会計事務所が、皆様の会社の業務の効率化をお手伝いいたします。

フォーカス会計事務所はクラウド会計システムを積極的に導入しています。

フォーカス会計事務所はマネーフォワードクラウド会計、会計ソフト freee (フリー)の導入に積極的に取り組んでおります。
マネーフォワードクラウド会計のGOLDメンバー、会計ソフト freeeの認定アドバイザーであり、多数の顧問先への導入実績があります。

マネーフォワードクラウド会計・会計ソフト freee を利用するメリット

今まで手入力していた作業をマネーフォワードクラウド会計・会計ソフト freee に置き換えるとどんなメリットがあるのか?ということですが、

looks_one 銀行・クレジットカード・交通系ICカードから、データを自動で読み取り、会計データに自動入力・自動仕訳することができます。

looks_two 学習機能がついているため、使えば使うほど、自動仕訳の精度や入力速度が速くなります。

looks_3 Windowsのみならず、Macにも対応しているため、会計入力のためだけにWindows PCを用意する必要がなくなります。

looks_4 PCでもスマホでも、社内でも社外でも会計データにアクセスできるため、見たい時に最新の売上・支払い・入金状況などを確認することができます。

looks_5 クラウドで私たちとデータ共有ができるため、必ずしも訪問や来所によって打ち合わせをする必要がなくなります。

フォーカス会計事務所では、クラウド会計導入時の「導入支援」からお手伝いしておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

  • 経理の効率化

    社内において「経理業務」はブラックボックス化していて、「何をやっているのか?そのやり方で本当に良いのか?もっと効率的にできるのではないか?」と感じながらも、よくわからないからメスを入れられない業務の代表と言えるでしょう。
    そこで、フォーカス会計事務所では、間接部門の少数精鋭化・短時間処理の実現を目指し、業務処理のスピードアップとコストを削減する体制作りをも支援しております。まずはお気軽にご相談下さい。

Scroll to top