• 相続対策は、

    label_important 節税対策:相続税額をできるだけ下げる

    label_important 納税資金対策:相続税申告時に納付する資金を準備する

    label_important 争続対策:相続人同士で揉めることがないようにする

    の大きく3つに分けられます。
    対策が直前になればなるほど、できる対策も限られますので早めに相談されることをお薦めします。

  • 節税対策

  • looks_one 相続財産の評価額を下げることで相続財産を圧縮する

    looks_two 非課税財産を増やすことで課税価額を減らす

    looks_3 基礎控除の額を増やす

    の3つが基本的な考え方となります。

  • 代表的な節税対策

    looks_one 生前贈与の活用

    計画的に生前贈与を実施することで、相続財産を徐々に減らして行きます。

    looks_two 税額控除の特例を活用する

    ・配偶者控除などの税額控除を活用する

    ・養子を増やし、基礎控除を増やす

  • 納税資金対策

  • 相続税の納付は、相続税の申告と同時に金銭で一括納付することになっているため、相続税申告までに納付額を準備しておかなければなりません。特に、土地や建物といった流動性の低い相続財産中心の方は、財産はあっても現金が乏しいため、納税資金で苦労される方が多いようです。早めの準備が必要です。

  • 代表的な納税資金対策

    looks_one 資金の流動性を高める

    土地や建物といった換金しにくい財産だけではなく、現金や有価証券といった換金性の高い財産と併せて保有するようにしましょう。

    looks_two 生命保険の活用

    ・死亡保険金は節税効果も高いため、積極的に活用しましょう。

    looks_3 売却可能な資産で保有する

    ・有価証券やゴルフ会員券、居住していない不動産などが挙げられます。

  • 争続対策

  • 相続においては、相続人それぞれに事情や思惑があるため、円満に遺産分割をすることはなかなか難しいようです。そこで、相続人同士の争いを未然に防ぐためにも、なるべく早めに争続対策は行っておきたいものです。

  • 代表的な争続対策

    looks_one 財産を分割しやすい形態にしておく

    ・相続財産が不動産だけですと、いざ分割する際に分割することはなかなか困難です。できるだけ分割可能な状態で保有しましょう。
    ・また、分割できない場合、相続人が他の相続人に現金その他で支払う「代償分割」という方法もありますが、相続人にそれだけの準備がなければ代償分割も困難となります。

    looks_two 遺言書を作成し、各人に相続させる財産を具体的に指示しておく。

    ・特に離婚した前妻との間に子供がいる場合や、特定の相続人に多く(少なく)渡したい場合などは、遺言書を残すことは大変有効です。

相続対策の手順

Scroll to top