代表からのメッセージ

  • 代表 内海 真樹

    UCHIUMI MASAKI

    公認会計士・税理士・認定登録医業経営コンサルタント

    フォーカス会計事務所代表、立教大学経済学部会計ファイナンス学科卒業、筑波大学大学院企業法学専攻博士前期課程修了

入社を検討されているみなさまへ

私たちの事務所は常に

looks_one お客様にとって一番身近で相談しやすく、頼れるパートナーでありたいと思っております。
looks_twoお客様を全力で支援させていただきながら、お客様と共に成長し、社会に貢献していけるような存在でありたいと思っております。

また、フォーカス会計事務所は近江商人の”三方よし”の考え方を大切にしています。
三方よしとは、「売り手よし、買い手よし、(ひいては)世間よし」の3方がよしと
いうことで、売り手と買い手がともに満足し、その結果として社会貢献できることがよい商売であるという考え方です。

そのため、私たちは働く社員の方々に対しても、”売り手よし“、すなわち”働く社員よし“の考え方に基づいて、

looks_one 社員の方々によって安心して働ける環境と
looks_two 成長できる機会を整備し、
looks_3 お客様に優れたサービスを提供し、お客様と一緒に社会に貢献し続けていける事務所でありたい

と思っております。是非、あなたの力を最大限発揮できる環境で社会に貢献して下さい。

弊社で求める人材とは?

弊社では勤務形態に応じて下記のような方々を求めております。

税務会計スタッフ(正社員)の方

お客様とお話しする機会が多いので、色々な人とコミュニケーションを取ることが好きな人を求めています。
また、一度きりの自分の人生ですので、何事も向上心を持って、積極的に業務に取り組み、共に成長していける人を求めています。

アシスタントスタッフ(パート)の方

パート社員の方々は子育て中の主婦の方々が多く、皆さん、家庭での家事をこなしながら、合間の限られた時間を使って、絶えず工夫しながら効率的に業務を実施してくれています。
私は、家庭での“お母さん”というのは非常に重要な役割だと思っています。
ですので、子供の具合が悪いときや学校行事があるときは、遠慮なく休みを取って、家庭を優先してもらいたいと思っています。
そのため、家庭を優先しながら、限られた時間で弊所を支えてくれる人材を求めています。

フォーカス会計事務所で働くと身に付くこと、学べることとは?

  • 私たちの事務所は、大企業から中小企業、医療法人や公益法人、個人事業主の皆様など、幅広いお客様のご支援をさせていただいており、その内容も、通常の税務会計業務支援はもちろんのこと、財務内容や経営の効率化に関するコンサルティング、事業承継の円滑化や資産税の節税のご提案、医療法人に特化した会計監査の実施等、幅広い内容となっております。

これらの業務を実施するためには、個々人が専門的知識を習得し、最新の情報を踏まえブラッシュアップし続けることがとても重要であると考えております。

そのため、

looks_one 毎週月曜日の午前中は所内全体研修を行い
looks_two 外部研修への参加やWeb研修の実施

なども積極的に行っております。

また、ファイナンシャル・プランナーや認定登録医業経営コンサルタントの資格などの取得補助制度も設けており、幅広い分野の知識を得ながら、自分の興味のある分野の知識を伸ばしていける環境であると考えています。

ですので、3年後には、様々な業務や各研修制度に取り組み、専門的な知識を身に付け、これらの知識を自由自在に使いこなせる人材になってほしいと思います。また、5年後については、これらの習得した知識を使いこなしながら、積極的な提案をできる、お客様の頼れるパートナーであって欲しいと思っています。

我々のメインのお客様である中小企業の社長の皆様は、変化の激しい環境の中で、常に未来に目を向けながら色々な判断を行っています。言い換えるならば、社長にとっては”未来”が”現在”とも言えるでしょう。是非、これから働く皆様にも、未来を見通した提案をできる人材であって欲しいと思います。

最後に、会計事務所の業務というのは、まさに鏡のようなもので、一生懸命頑張った分だけ、それがお客様からの信頼という形で写し出される、とてもやりがいのある仕事だと思います。 是非ご応募をお待ちしております。

Scroll to top