医療法人成りシミュレーション

医療法人成りシミュレーション

このような理由で医療法人の設立をお考えではありませんか?

check_box 所得税よりも法人税の方が税率が低いので、医療法人化して節税したい

check_box 個人では税金が高いので、医療法人化して、家族を役員にして所得を分散したい

check_box 引退時に退職金をもらった方が節税になるので、医療法人化して退職金の積み立てをしたい

check_box 個人のままでは多額の相続税が発生しそうなので、法人化して相続対策を打ちたい

check_box 子供に事業を承継したいが、個人のままでは面倒なので、医療法人化してスムーズに承継したい

  • ちょっと待ってください!
  • ちょっと待ってください!
    税金面のメリットばかりが強調されがちな「医療法人化」ですが、医療法人は「本来永続するものである」という考え方が基本にあるため、法人化するにも解散するにも都道府県知事の許可が必要です。そのため、経営上の理由で勝手に個人診療所に戻ることができないばかりか、引退する際も、新しい理事長を立てるか、M&A等で売却するなどの対応が求められ、医療法人化には高度な判断が必要となります。

医療法人設立を検討する際は、必ずと言って良いほど、節税効果・事業の拡大・事業承継対策といった耳障りの良い言葉が並ぶため、十分な検討をすることなしに法人化してしまう先生が多いようですが、法人化することが必ずしも良いとは言えない場合も多々あります。
そこで、医療法人化を考える際は、事前にしっかりと検討することをお勧めします。

医療法人設立のメリット

filter_1 節税がしやすくなります

fiber_manual_record 法人税率の方が所得税率より低いので、院長の所得金額によっては節税になります。

fiber_manual_record 院長先生が給料を取ることで、給与所得控除が認められ、税額を減らせます。

fiber_manual_record 個人と比べて経費計上できるものが増えるので、その分、節税になります。

fiber_manual_record 家族を役員にすることで、所得の分散が図れます。

fiber_manual_record 退職金を支払えるため、退職金控除を受けられ、大幅な節税が可能となります。

fiber_manual_record 資産は個人ではなく医療法人の財産となるので、そのまま継承することができます。

filter_2 経営の自由度が増します

fiber_manual_record 医療法人化することで、分院や介護事業への参入など、事業を拡大する上で、経営の自由度が増します。

filter_3 事業承継が楽になります

fiber_manual_record 個人医院と異なり、後継者がいなくても閉院しなくて済み、事業承継が楽になります。

などについて、可能な範囲でお答えさせていただきます。

医療法人設立のデメリットは

fiber_manual_record 医療法人化すると解散時にも都道府県の許可が必要となりますので簡単にはやめることができなくなります。

fiber_manual_record 社会保険への加入が義務付けられるので、社会保険料の負担が増します。

fiber_manual_record 個人と異なり、法人のお金を院長が自由に使うことはできなくなります。

fiber_manual_record 接待交際費に上限が設けられ、上限を超えた分は経費として認められなくなります。

fiber_manual_record 剰余金の配当が禁止されているため、利益が出ても院長等に配当することはできません。

fiber_manual_record 法人設立後の手続きや提出書類が大幅に増えます。(決算申告書・資産総額の登記・役員変更届など)

このように医療法人の設立にはメリット・デメリットがそれぞれありますので、院長先生の将来設計に合わせて、十分な検討を行ないましょう。

フォーカス会計事務所の医療法人成りシミュレーション

  • looks_one
    現在の経営状況のヒアリング
  • looks_two
    今後の事業プランの確認と院長のライフプランの確認
  • looks_3
    医療法人設立シミュレーション
  • looks_4
    医療法人化すべきかどうか、見解を申し上げます
  • 現在の経営状況を確認させていただきながら、数値の面から医療法人化すべきか否かを大まかに判断いたします。
  • 院長先生が今後医院をどうしたいのか?院長自身は何歳くらいまで現役で働きたいのか?法人化する場合、退職金はどのくらい欲しいのか?など、具体的にお話を伺います。
  • 上記looks_one looks_two のヒアリングの内容をもとに、具体的な数値を当てはめて、個人の場合と医療法人の場合、どちらが得かをシミュレーションいたします。
  • 最終的に、医療法人を設立するべきかどうか、私どもの見解をお伝えさせていただきます。決して「医療法人化ありき」ではなく、院長先生の立場で申し上げさせていただきます。

まずはフォーカス会計事務所にご相談下さい。専門家の立場でしっかりと回答させていただきます。

Scroll to top